法的トラブルと顧問弁護士

「慰謝料」というワードを聴いたことがない、という方はほとんどおられないでしょう。最近はテレビでもよく聴くこのワード、自分には無関係と思えるかもしれません。しかし、たとえ私達が直接慰謝料を請求することがないとしても、誰かから請求される可能性はゼロとは言いきれないのでは無いでしょうか。

その一つの例に(慰謝料とは少し異なりますが)、『痴漢』と言う問題があります。その行為自体は犯罪行為で罰せられるべきものですが、それを悪用した、または誤認によるものであっても、いわゆる『冤罪』型初していることは、特集されることも多いため、インターネットから情報を得ているという方も多いでしょう。そのために女性専用車両なども普及し続けていますが、やはりこの問題は根本的にはまだ解決されていません。そこで、もし私達が訴えを受けてしまったら、自分たちには何の罪もないのに、法的処罰…もしかしすると実刑を受けてしまう可能性もあるのです。

そういったトラブルに直面した時、私達は自分一人だけの力ではどうしようもない、と感じることがあります。どうしようもないと思えることだからこそ、誰かに頼りたくなります。もちろん、『法律のことをよく分かっている人』に、です。そこで、弁護士や顧問弁護士という存在がいるのです。弁護士は、そういった私達には不利と思えるような状況であっても、私達を助けてくれる存在です。法的に難しい状況でも、必ず進む道を提示してくれます。

法的トラブルと顧問弁護士